Interview仲間と一緒に事業を成長させている今が「旬」社員インタビュー

INTERVIEW

CBパートナーズ
医療・介護・福祉事業部
スーパーバイザー

京都大学 卒業 2018年 中途入社

中西 弘樹

好きなことをやり抜く人生を送ってきた

これから必ず伸びてくる業界だと思い、転職を決断

大学を卒業後、地元・京都の銀行に新卒で就職。リテール営業と法人営業を担当して仕事は充実していたのですが、肉親が亡くなったのをきっかけに「生きているうちに好きなことをやりきろう」と、退職して東京へ。さまざまなアルバイトをして人生経験を積んだ後、リクルートに転職しました。ライフスタイル系のサービスに携わり、自分のスタイルで自由に働きながら、毎月目標を達成。当時はとにかく楽しかったですね。そんな頃、知人からCBパートナーズのM&A事業のことを教えてもらいました。私に合っている会社だと勧めてもらいましたし、もともと銀行にいたくらいですから金融には興味がありました。正直なところ、医療業界に強い興味があったわけではないのですが、これから必ず伸びてくる業界だと思い、転職を決断しました。

秘密の時間を共有できるパートナーになる

相手の期待に対して120%の答えを返す

現在の主な仕事内容は、M&Aの仲介事業における新規開拓です。例えば後継者不在で譲渡を考えている経営者の方、業界の先行きが不安で事業を畳もうとしている方を探し、M&A先を探している方とのマッチングを図ります。

この仕事では経営者の方々と正面から向き合い、当事者だけの「秘密の時間」をともに過ごしながら、濃密な信頼関係を築いていきます。信頼を築くため、私は常に相手の期待に対して120%の答えを返そうと心がけています。

私が銀行にいた時代はM&Aという市場自体がなく、赤字や経営の不安があれば、事業を潰すしかありませんでした。M&Aという新しい選択肢が生まれて、過去の歴史と買い手との新しい歴史をつなげられるのは非常にやりがいがあります。

日本を代表する会社へ

社会的な存在意義の大きさを実感

私が今まで所属していた会社は大手の一流企業ばかりでしたが、それらと比較してCBグループの変化のスピードは非常に早く、個人の意見を聞いてくれる環境もあると感じています。道路に例えれば、大手は渋滞していますが、CBは高速道路を作っている最中で、スピーディに成長していけるイメージです。CBパートナーズに入社するまで、私にとって医療や介護の問題はいささか他人事でした。ですが実際に業界内で働き始めると、業界の抱える現状や問題、社会的な存在意義の大きさを実感し、強い当事者意識を持つようになりました。今後、私はCBパートナーズを医療・介護・福祉業界において日本を代表する会社へと育てていきたいと考えています。成約件数を増やしていくことが社会貢献になるのだと信じて、仲間と一緒に事業を成長させていきます。

Interview