INTERVIEWリーダーとしての責任感が
私をここまで育ててきた。
社員インタビュー

石田 晃一

2015年入社
株式会社CBナレッジ
事業開発部 事業開発課 事業戦略支援室

BACKGROUND

BACKGROUND

自信を持つと、成長もついてきた。

形のない商材を扱う方が成長できると思い、人材系やコンサルティング業界を志望しました。当社に入社を決めたのは、社員が本音で話してくれている印象を持ち、入社後のギャップが少なそうだと思えたからです。入社後、最初は広島にコンサルタント職として配属され、1年後にさいたま支社に異動。1年半後にはリーダーを任されるようになり、2018年からは仙台支社でコンサルタント職のリーダーを担当するようになりました。

当初、私はあまり優秀な成績ではありませんでしたが、さいたま時代に先輩たちにつきっきりで指導してもらったことで、自分たちのビジネスは本当に役に立つものなのだと自信を持てるようになり、それ以降は数字もついてくるようになりました。

PRESENT

PRESENT

リーダーとしてチームを率いる存在に。

リーダーという存在は、支社におけるエースで4番だと言われます。リーダーとして現場を引っ張っていくためには、リーダー自身が優秀な成績を上げていなければなりません。リーダーになったことで、周囲の社員たちに負けてはいられないという気持ちが今以上に強くなり、さらには自分のことだけでなく組織全体のことにまで目が届くようになりました。

さいたま支社時代には前任のリーダーも在籍していたので、助けられる場面もあったのですが、仙台支社では在籍する人数も多く、私が完全なリーダーとして一人でチームを率いなければなりません。学生時代に塾講師として生徒たちを指導した経験も生かしながら、さまざまなレベルのメンバーの育成に携わりました。

FUTURE

FUTURE

新事業を育て、チャンスをつかみたい。

自分の成長を小学生から大学生の間で例えると、せいぜい小学6年生くらいです。リーダーは下の世代に教える役割はあるものの、広い世界から見るとまだまだ学ぶことはたくさんあると考えて、新たに設立されたCBナレッジにメンバーとして参画することを決めました。再び一人のメンバーとしてキャリアを歩むことに葛藤がなかったわけではありませんが、それでも新しいことに挑みたいという気持ちが上回りました。

今の私の目標は、自身の活躍を通じてCBナレッジの事業を大きく育てていくこと。そして私自身も、リーダーやマネージャーといったポジションに昇格していきたいと考えています。新しい事業だからこそチャンスはいくらでも転がっています。自信と意気込みだけは誰にも負けたくないですね。